a a a a a
a a aa a a
a   a




このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

坪井屋ホームページ TOPページへ

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得


 どんなものでも使いつづけていると、傷んできます。仏壇も例外ではありません。 仏壇の内部がロウソクや線香の煙で黒ずんだり、金箔や漆塗りがはがれてきます。 扉がガタガタになったり、障子が破れていることもあります。 そのまま放置せずに、なるべく早めに修理することが大切です。 簡単だから、と自分で修理をすると、かえって傷を大きくしてしまいがちなので、まず相談しましょう。 出張修理でなおるものなのか、預ける必要がある修理なのかがわかります。

 仏壇の全体を修理することを「お洗濯」といいます。お洗濯が必要、といわれたら、必ず、事前に修復費用の見積もりを出してもらいましょう。 お洗濯では、金仏壇を解体して汚れを洗浄し、壊れた部分やキズを補修し、金箔を押しなおしたり、漆を塗りなおして新品同様に仕上げてくれます。きれいに生まれ変わります。


●その他、お気軽にお尋ね下さい。



●電話一本アフターサービス万全 ●古い佛壇は丁重に供養し、処分させていただきます。
●ご希望の納入日までお預かり致します。  ●手続き簡単なローンもご利用頂けます。



トップページ / 会社概要 / Q&A / アクセス / お洗濯・修理 / お問合せ / お仏壇紹介 / 選ぶポイント
寸法紹介 / 納入例 / 盆提灯紹介 / 数珠紹介 / お位牌の書き方 / 特別ご優待券 / 知っておきたい仏事のマナー
 
Copyright © 2003 Tsuboiya Butsudan-ten Co., Ltd. All Rights Reserved.